ハイスペック、ハイパフォーマンスの「Apple iPhone XR」

“ハイパフォーマンスで売れているハイスペックスマートフォンを探している人には、Apple iPhone XRがオススメです。
Apple iPhone XRは、AppleのiPhoneシリーズの中でも最新機種に該当するのですが、魅力はこれだけではありません。Apple iPhone XRは、アメリカで2018年10月に販売されたiPhoneシリーズで、Apple iPhone XSと比較されることがよくあるモデルとして有名です。というのも、iPhoneシリーズの中でも安く7万円台からで購入できるモデルとなっているからです。
ハイエンドモデルのハイスペックスマートフォンを探してみるとわかりますが、ほとんどは10万円台のものばかりです。今までのハイスペックスマートフォンは、このような価値観があった・・・のですが、Apple iPhone XRが販売されるようになってからは、価格競争が激化するようになりました。
Apple iPhone XRの詳細情報としては、ディスプレイは「6.1インチの大画面ディスプレイ、iPhone XSと比較した場合では大きくなっている」のが特徴です。今では、ワイドスクリーンタイプのハイスペックスマートフォンが増えてきているため、動画視聴・ゲームなどで少しでも迫力が欲しい人であれば、Apple iPhone XRとの相性は最高かもしれません。
ただし、今までのiPhoneシリーズと比較した場合では、「ベゼルがiPhone XSより劣る」という印象なので注意してください。Apple iPhone XRは、縁に黒い筋が見えるモデルとなっています。
その他の情報では、「解像度が1,792×828ピクセル、液晶ディスプレイ採用」となっているモデルです。こちらについてもApple iPhone XRは、iPhone XSの有機ディスプレイより見劣りします。ただし、実際に使用されているスマートフォンユーザーからは、比較しないと気づかないレベルと評価されているので、そこまで大きな差ではないとも言えるのです。
Apple iPhone XRのバッテリー性能ですが、「2,942mAhのバッテリーを搭載」となっています。これはiPhone XS Maxより劣るのですが、ハイスペックスマートフォンの中では大容量に分類できるでしょう。今では5,000mAhのバッテリーまで登場していますが、Apple iPhone XRは高速充電を可能としているので比較しても意味がありません。Apple iPhone XRは小ぶりなのですが、その分だけ「ワイヤレス充電、高速充電に対応」となっているモデルなのです。
また、カメラ性能についてこだわりがある人は、「Apple iPhone XSを選んだほうが賢明」でしょう。というのも、Apple iPhone XRのポートレート機能は使用者のみでしか利用できないからです。つまりApple iPhone XRは、Apple iPhone XSのような物体、風景画に使用できない問題を抱えているハイスペックスマートフォンとなります。”

— Read the article in full

Recent articles

docomoで受けられる割引

“docomoのスマートフォンですが、「割引が多い」という評判が目立ちます。
ですが、最近になってスマートフォンそのものの本体価格、そして月額プランが大きく変動しているため、それほど、docomoのスマートフォンは変わったのか・・・と疑問視する声も存在します。ですが、docomoのスマートフォンは、昔から今にかけて以下のような割引サービスを提供しているのです。
まずdocomoのスマートフォンは、家族割引あり、長期継続利用による割引制度がありますので、「家族で長く使っている人」ほど、実はお得になるよう配慮されています。しかもdocomoのスマートフォンは、「カケホーダイ、パケあえる」というプランもあり、家族とプランそのものをシェアしやすくなっているのです。
先ほどのプランは、パケット通信量を家族で分け合うことが可能になっているもので、これからdocomoのスマートフォンを購入するか検討している場合、他のキャリアとの比較で重要になってくる割引サービスでもあります。”

ジュニアスマホの特徴、危険性

“キッズスマホに比べて、多機能でデザイン性も良いジュニアスマホですが、メリット、デメリットがハッキリしているので、購入前に知っておいたほうが良いでしょう。
キッズスマホとの大きな違いは、大人向けのハイスペックなスマートフォンの多くは、ジュニアスマホに分類されるところです。例えば、ソーシャルゲーム、動画視聴、SNSといったアプリがプリインストールされていることが多いので、遊び目的でスマートフォンを利用することも可能になっています。
インターネットの利用についても、キッズスマホはブラウザが無いものもある、しかしジュニアスマホは、ブラウザもインストールされているケースが多いので、スマートフォンの機能の多くは、ジュニアスマホのみで扱えるようになっているのです。しかしジュニアスマホには危険性もあり、SNSなどを通じて、ウィルス感染、もしくは好ましくない人との付き合いが起きることもあります。
そのため、キッズスマホのほうが防犯意識は高いです。”

スマートフォンのRAMが3GBでは問題と言われている理由

“大容量のRAMを持つスマートフォンを探していると、「6GB、8GBなのでオススメ」という案内が良く見つかります。
ですが、標準的なRAMの容量は3GBであることが多いため、これだけあればスマートフォンで色々と楽しめる・・・と、このような考えを持ってしまう人もおられるでしょう。しかし、RAMに対してこの考えは誤っています。
というのも、現代のスマートフォンは、Android OS本体の容量だけでも、「1GBを超えるケースが増えている」からです。その他にも、Androidカスタマイズで500MBほど使ってしまうこともありますし、ウイルス対策も必要な時代と言われているので、対策用アプリを常駐させていると、100MBほど使ってしまうこともあるのです。
つまり、RAMが3GBあったとしても半分ほど使ってしまうので、より快適なRAMは6GB以上と言われるようになりました。環境によっては、2GBを超えてしまうケースも少なくありません。”

ゲーマーから支持されている「ASUS ROG Phone」

“2019年に入ってから、国内でも「e-Sports(イースポーツ)」の名前を目にすることが多くなりました。
そのため今では、ゲーム人気が加速しているのですが、そんな影響もあってゲーミング用パソコン、スマートフォンの人気も加速しているのです。スマートフォンの場合は、ASUS ROG Phoneが人気となっています。
ASUS ROG Phoneは、ネットショップなどでSIMフリーモデルを購入できますし、ネットショップ以外では、家電量販店で購入可能となっているのです。ASUS ROG Phoneは、価格が11万9500円からとなっているため、決して安いスマートフォンではありません。
しかし、ゲーマーにとってのオススメポイントが多く、ASUS ROG Phoneは、ゲーミングスマホとして最高峰のスペックを誇っている、しかも、周辺機器も備えれば理想の環境を得られるようになっているので、他では替えがきかないスマートフォンとなっています。”

Android端末の優れた認証機能

“今では、世界中の人がAndroid端末を利用する時代になり、近年では、Android端末が持つ認証機能が注目されるようになりました。
Android端末は生体認証に対応しているので、パスコードを利用ごとで入力する必要がありません。このようなサービスは、今までありそうで無かったサービスの1つでもあります。
他にも、Android端末の認証機能を利用するだけで、簡単に画面ロックを解除することも可能です。Android端末を利用されている人の中には、Google Playストアでゲーム、音楽といったコンテンツを購入する人も増えてきたのですが、Android端末の認証機能を利用することによって、スピーディーな認証、決済が可能となります。
認証機能は、パスコードの管理を安全なものにできるため、スマートフォンを落とした際も安全な対応が可能となります。近年ではこのような機能も意識して、スマートフォンを購入する人が増えてきました。”スマホ 画面サイズ

URBANO V04はカメラ機能も充実!

大人のスマホということでやっぱり気になるのは、カメラの性能!という方も多いでしょう。URBANO V04のカメラには、1600万画素の高画質カメラを搭載しています。くっきりとした画質の中にも優しい印象にしてくれるURBANO V04のカメラ、SNSに良く投稿される方にも嬉しい「背景ぼかし機能」もついています。被写体にカメラを向けると、背景をぼかしてくれるので被写体をより美しくキレイに引き立ててくれます。旅行先で食べた美味しいスイーツなど、是非撮影も楽しんでみてください。ちなみに背景ぼかし機能を使う時は、人物なら1.5メートル以内、ペットなどの人物以外の被写体を撮影する場合は70㎝以内で撮影するとキレイに撮れます。ぼかし機能は、ある程度距離を置かないとキレイに撮れないこともありますがURBANO V04なら、どなたでもキレイに撮影できるので難しい操作はありません。是非、楽しんでみてくださいね。

ASUS ROG Phoneに拡張ユニットをつけられる!

ASUS ROG Phoneは、外出時でも快適にゲームを楽しめるという魅力がありますが、家でも拡張ユニットをつけることで更に快適にゲームライフを楽しむことができます。ROGphon専用、wigig dockという拡張ユニットをテレビなどの外部ディスプレイに無線接続することでより快適にゲームを楽しむことができます。テレビ画面で思い切りゲームを楽しみ、ROGphone本体をゲーム機のコントローラーのようにして据え置きゲーム機のように楽しむ方法です。これなら大画面で思い切りゲームを楽しめるだけでなく、スマホ本体がコントローラーの役割を果たしてくれるのでこれからは、コントローラーがなくても思い切りゲームライフを楽しむことができます。外出先はもちろん、帰宅してからもコントローラーとして使える万能なゲーミングスマホは最強ですね!ゲームは楽しみたいけど、本体を買ったりアイテムを増やしたくないという方にもおすすめです。

Google pixel 3aのポートレートモードがすごい!

pixel3aのポートレートモードで撮影すると、まるで一眼レフで撮ったかのような美しい写真を簡単に撮ることが出来ます。AI機能を生かしたカメラということで、SNSによく写真をアップされる方にも十分なクオリティーと言えますね。被写体以外の背景をボカして撮影できるので、おしゃれな写真が簡単に撮れます。また旅行先でみた大自然など、AIを駆使した360度のパノラマ写真も綺麗に撮ることが出来ます。大勢でお出掛けした時や、ちょっと変わった面白い写真を撮ってみたい時にも使えますね。またpixel3aで撮影する時は、花や食べ物など被写体を認識して自動で設定してくれる機能は搭載されていないので、綺麗に撮りたい場合にはレンズを向けて、被写体部分をタッチし、露出をプラスすると良いですね。そうすると、見栄えが良くなるのでとても綺麗です。一手間かかるかもしれませんが、基本的には画質も良いので十分なカメラ性能だと言えます。

TORQUE G04は非常に頑丈!

TORQUE G04は、「ブルー」「ブラック」「レッド」の三色展開で見た目もアウトドア派におすすめのゴツめなデザインになっています。普段から登山をしたり、山や海に出掛ける方、外でも気兼ねなく安全に使えるスマートフォンをお探しの方にぴったりです。万が一、TORQUE G04を落としてしまっても本体は非常に頑丈にできています。例えば、約100gの鋼球を本体ディスプレイの中央に落下させて性能を楽しめる試験にも合格しているので、よほどの事がない限り簡単に壊れる心配はありません。また耐荷重、耐海水や温水シャワー試験にも合格しています。雨や風で少し濡れたくらいではびくともしないですね。防水加工もしっかり施されているので安心です。バッテリー容量は2940mAh、android9pieを搭載、メインカメラは2400万画素、800万画素なので十分なスペックと言えますね。アウトドア用に使えるスマホをお探しの方におすすめです。

galaxyA30 SCV43!おサイフケータイ対応!

android9搭載のスマートフォンでおサイフケータイに対応しているものは、それほど多くありません。近年では、現金を使わずにカードで済ます方が増えており、便利なおサイフケータイの需要は伸びています。今回、Samsungから発売される「galaxyA30 SCV43」もフェリカ対応のおサイフケータイとしても使えます。使い方はとっても簡単です。メインメニューから、おサイフケータイというオレンジのアイコンを押して、マクドナルドやWAONなど各種、利用したいサービスを選びます。使いたいサービスをダウンロードして登録するだけで簡単に使えます。普段の買い物はもちろん、電車などの交通機関でも使えるのでいちいち小銭を出す手間も省けます。この機会にgalaxyシリーズの最新機種である「galaxyA30 SCV43」を使っておサイフケータイを利用してみてはいかがでしょうか?他にも各種便利なサービスがあるので是非活用してください。