スマホ機能で花火もモードを見てみたい

夏になるとやっぱりお祭りに行きたくなりますよね。
お祭りの中での一大イベントとしたらやっぱり花火です。
花火が上がるとついついスマホで撮影をしたくなってしまうものです。
しかし、暗い中で花火撮影をキレイにするというのも結構難しいものですよね、、、、。
キレイに撮影をしようと思ったらどうしたらいいものなのでしょうか。
花火をキレイに撮影をするためには、花火モードを利用してみてください。
スマホによって付いているか分からないのですが、スマホ機能には花火モードがあるようです。
なので、花火撮影をする時には花火モードを利用してみてくださいね。
そうすれば、きっとキレイな写真を撮影をする事ができますよ。
また、しっかりともっと撮影をしたいといっ方は、固定をするといいですよ。
かとってもスマホカメラを固定をするのは難しいものです。
なんので、体育座りをして膝で固定をするといいようです。
普通にカメラだったりすれば、三脚なんかで固定ができるのですが、スマホはそうもいかないので、ちょっと試してみるといいですよ。
今年の夏こそキレイな花火撮影に挑んでみてはどうでしょうか!
花火を撮影をするのが楽しくなりそうですよ。

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Archives

Recent articles

ドコモのスマホ料金を安く利用するために。

ドコモユーザーが長いという人も多いと思いますが、スマートフォンに変えて料金が上がったという人も少なくないはずです。

現在の基本プランはかけ放題とデータ通信のプランを合わせたプランになっています。

この内容をどう選ぶかによってスマホ料金が変わってくるという訳ですs。

まず基本プランですが、かけ放題には2種類ありあます。

24時間どれだけ話しても無料というプランと、5分以内がいつでも無料のカケホーダイライトプランがあります。

やすくしたいなら5分以内のライトプランを選びます。

ただ、話してしまうとその分料金は発生するので注意が必要です。

一番安いプランで1700円ですね。

さてドコモのデータのパックは大きく2種類あります。

家族で分け合えるシェアパックと、1台の契約のデータパックです。

ドコモの場合は家族で割るシェアパックが一番安いです。

一人の場合にはどうしても割高感が否めません。

さて、シェアパックは一番小さいのが5Gですので、これを選ぶのが一番や薄いと思います。

もちろん通信料が足りなくて買い足すようであれば割高になってしまうので、使い方には注意がひつようですね。

夏は、遊び続けられる体力と気力とスマホの充電がほしい

スマホを赤外線カメラにして温度を測りまくってみる

まるでマンガや映画の世界のように、手軽に温度を計れるアイテムが「FLIR ONE」だ。スマホやタブレットを赤外線カメラに変えられるというところが画期的である。iOS用とAndroid用の2モデルがあり、iPhoneやiPad、microUSB接続のモバイル機器に装着すればサクッと使えてしまう。ひとつは普通のカメラで、もうひとつが赤外線カメラ。これにより、対象物が認識しやすくなっている。いかにもSFチックで、画面をスワイプして普通のカメラ画面にもサッと切り替えられるのだ。撮影には「FLIR ONE」という専用のカメラアプリを使う。機能としては写真撮影はもちろん、ビデオ、パノラマ、タイムラプスもある。エネルギー効率が悪い熱損失や水漏れを識別したり、室内の温度分布の調査したりもできる。アスキー編集部では、油に沈めたパソコンが冷却できているかどうかを調べるために使ったこともある。画面中央上のアイコンをタップすれば温度が数字で表示される。後付けでスポットを複数ヵ所設定できるほか、指定エリア内の最大温度、最小温度、平均温度を自動的に表示する「FLIR Tools」というアプリもある。価格は3万4992円。この機会に、ぜひいかがだろうか。
Galaxyスマホバッテリーの基本

スマホ1台で仕事が完結――HPが「Elite x3」で目指す世界

日本HPが7月1日、Windows 10 Mobile搭載スマートフォン「HP Elite x3」の体験会を都内で開催しました。日本では数多くのWindows 10 Mobile搭載スマートフォンが販売されていますが、Elite x3ではその中でも最上位のスペックを持つモデルで、約5.96型のWQHD(1440×2560ピクセル)ディスプレイ(有機EL)、Qualcommの最上位プロセッサ「Snapdragon 820」、4GBメモリを搭載するほか、IPX7の防水とIP6Xの防塵(じん)性能、MIL規格準拠の耐衝撃性も確保しています。セキュリティ機能として、虹彩認証と指紋認証をサポートしているのも大きな特徴となっています。防水性能にも対応しており、USB(Type-C)端子はキャップレスとなっています。Elite x3と外部ディスプレイを接続してElite x3をデスクトップPCのように操作できる「Continuum for Phone」に対応するのはもちろん、オプション品として「HP デスクドック」「HP ノートドック」を用意しています。デスクドックはオフィスや自宅での利用を想定したもので、PCと接続したデスクドックのUSB(Type-C)コネクターにElite x3を接続するとContinuumの利用が可能になります。実際にデスクドックを使ってContinuumを試してみたところ、カーソル移動や文字入力などの操作がタイムラグなくスムーズに行えました。
 

回線数からユーザー数の勝負へ 

通信キャリアはこれまで、純増数や番号ポータビリティ(MNP)など回線契約数を指標に激しい競争を繰り広げてきました。しかし昨今は市場が飽和しつつある上、MVNOの格安SIMなど大手キャリアの回線を使ったサービスも広がっています。ドコモの吉澤社長は従来と競争環境が変わったことから、純増数やMNPを競争の指標にするのは難しいと指摘しているのです。dマーケットなど同社がスマート領域と呼ぶサービス分野への注力をあらためて強調しました。この分野は回線契約(電話番号)の数ではなくユーザーアカウントの数が指標となって、さらに「dカード」などの決済事業を含めると取扱額が大きいのが特徴です。吉澤氏は「その規模を通信事業の収入(2015年度で3.7兆円)まで近づけたい。また(スマート領域の)利益目標も2016年度は1200億だが、できるだけ早く2000億に持って行きたい」と意気込んでいました。また通信事業の中核であるスマホについては、「本来であれば今頃(2016年)に普及率が8割台という計画だったが、弊社ではまだ6割くらい。フィーチャーフォンの出来が良く、その使い勝手で十分という方が多い。安くてバッテリーが持つ、片手で使えるという良さがあり、そうしたニーズをスマホがカバーできていない」と分析しています。
ひと工夫でスマホ写真が素敵に!今日できる簡単コーディネート術とは

ドコモ、7月10日から富士山頂で最大375MbpsのLTEサービスを提供

NTTドコモは、7月10日から富士山頂で最大375MbpsのLTEサービスを提供しています。登山口・登山道でも速度を高速化し、新たに吉田ルートも加えた四登山道でサービスを実施するのです。NTTドコモは、7月10日から富士山の山頂でLTE-Advancedを利用した下り最大375Mbpsの「PREMIUM 4G」を提供開始しています。期間は山開き期間中となる8月下旬までを予定しています。また、登山口・登山道でも下り最大速度を2015年の225Mbpsから337.5Mbpsへ高速化し、さらに須走ルート、御殿場ルート、富士宮ルートのほか、今回から新たに吉田ルートも加え四登山道でサービスを実施しています。山小屋では公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」も提供し、一部の山小屋では訪日外国人向けに翻訳アプリ「はなして翻訳」などを搭載したタブレットを配備しています。例年通り7月9日から9月上旬まで、富士山の山頂でFOMA/LTE通信サービスを提供します。今回は7月下旬に一部エリアでLTE-Advanced対応「PREMIUM 4GTM」(下り最大225Mbps)も提供する予定となっています。なお、6月23日からは登山口・登山道で「PREMIUM 4G」を提供開始していて、1年中いつでも利用可能となっているのです。また、7月10日からは富士山頂と五合目など8カ所のアクセスポイントで利用できる外国人登山者向け無料Wi-Fiサービスを開始しています。静岡県と山梨県は開山期間中、各登山口の五合目など5カ所でユーザーIDとパスワード、利用案内などを記載したカードを計5万枚配布し、接続可能期間は初回ログインから72時間までとなっています。
 

スマートフォン新たな使い方

スマートフォンの新たな使い方がどんどん登場しています。中でも、スマートフォンにかぎらず、携帯電話の時代から、公共の場所では電源をオフにすることがマナーとされてきました。それは電波が乗り物のコンピューターやペースメーカーに影響をあたえるという理由がありましたが、その問題が解消されるというニュースがあります。すでに、これまでは使用制限が行われてきた公共の場所でも、それが解禁される場合が増えているとのことです。特にこの傾向は、アメリカにおいて始まっています。例えば、航空機が電波からの影響を抑える技術をみにつけ、飛行中でも利用制限をしないというケースが出てきています。他にも、機内でWi-Fiを提供するところもあるようです。このサービスがあれば、例えば離陸時であっても、黄にすること無くインターネットを楽しむことができます。これまでは常識だったことが、技術の真価によって変化していく時代です。ますます快適な時代になることを望んでいます。
関連情報 http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k13101622417
photo173_zpsmiciatv4.jpg

メンテナンスで快適に

スマートフォンをその名の通りスマートに、つまり、賢く、そして手軽に使用するには、メンテナンスが必要になってきます。スマートフォンのメンテナンスをする上で大切なのは、スマートフォンは携帯電話と言うより、電話機能の付いたモバイルコンピューターと考えることです。そうなると、メンテナンスの方法もパソコンと似たところがあるという訳です。例えば、トップ画面がごちゃごちゃしすぎているのは良くないです。パソコンではデスクトップにいろいろなアイコンがあると、動作に影響を及ぼします。使いにくくもなるでしょう。それはスマートフォンも同じで、アプリのアイコンが過剰にあると動作に影響を与えますし、使いにくくもなります。メンテナンス方法としては無駄なものを削除するに限ります。また、無駄なデータの削除も重要です。写真などはもちろん、ブラウザの履歴やキャッシュなども設定の画面から削除するといいでしょう。
おすすめ情報 getnews.jp
photo143_zpsq8khamng.jpg

夜9時以降のスマホ、携帯電話の利用を禁止

スマホレビューでちょっと話題になっていましたね。愛知県の刈谷市において全部の小中学生に対して夜9時以降に携帯電話の利用を禁止する試みが4月から行われるとのこと。なんで市がこのようなことを決めるのかよくわかりませんが、「この試みは、刈谷市の教育委員会や市内の小中学校、高校、警察などで構成されている「市児童生徒愛護会」が発案したもの。」とのこと。「今回の禁止令は、子どもたちの生活習慣の改善や、無料の通信アプリ内で起こっているトラブルやいじめを防止するためのものだとのこと。」だそうです。結局親が子供の携帯電話利用の管理ができない、ということなのでしょうか。それに、市で決めたと言っても生徒全員の利用を本当に禁止することは不可能ですよね?このことが書かれたスマホレビューには、より良い利用法を伝えて行くという試みはありえないのか・・とも書かれていましたが、私もそうだと思いますね。親子で向き合うこと、それが最も重要だと感じます。
photo113_zpsurbarkur.jpg

まずはAndroid版でスタート

とうとうLINE電話がスタートすることになりましたね!今回はAndroid版がスタートし、日本だけでなくアメリカなど8つの国でも使えるとのことです。私はこれまで、IP電話やアプリでの通話の経験がないので、電波の状況、聴きやすさ、話やすさなどが少し不安ではあるものの、やはり利用者は増えていくのでしょうね~。スマホレビューには、「品質面では、LINEでは「大手事業者のプレミアム回線」としているが、IP電話ということで、通常の音声通話よりも品質は厳しい。」と書かれています。どこの回線を利用していて、品質の違いなどの開示も行われていないのが、ちょっと心配ではありますね。。通話料の支払いはプリペイドだそうで、日本ではあらかじめチャージしておくとのこと。携帯電話には1分14円、固定電話には1分3円とのことで、他に利用者が便利なようにプランがいくつか用意してあるようです。これを安いととるかそれとも高いと感じるかは、ユーザー次第なのでしょうね。今はAndroidだけの利用だそうですが、iPhone版も近いうちにスタートするそうで、これによってLINE電話はますます広がるのか・・^^
photo83_zpss9t76s7z.jpg

通話するだけでポイントがもらえる

番号そのままで通話料を半額にするスマートフォン向けサービス「楽天でんわ」の提供が開始されましたね。楽天でんわは、Webからの事前登録が必要で、初期費用や月額基本料は無料、通話料のみの負担となります。また通話料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されるそうですよ。登録後専用スマートフォンアプリを立ち上げ、いつものように電話をかけるだけで国内のどこへかけても30秒10.5円、固定電話への通話も可能とのこと。電話をかけるとき、自動的に相手の番号の頭に「0037-68-」がつきますが、着信先には現在利用中の携帯電話番号が通知されるというのもありがたいですよね。フュージョン・コミュニケーションズの電話回線を経由するため、パケット通信を利用した無料通話アプリのような通話の途切れなどはないようです。通話料金が半額になって、さらに楽天ポイントもつくなんて活用しないのはもったいないかもしれませんね。
photo53_zps47t3b7fl.jpg