VRを標準搭載したスマホが販売される

最新スマホの一つにVRが標準搭載されたスマホが販売されることになりました。
このスマホはTCLコミュニケーションのAlcatelブランドのSIMフリースマホであるフラッグシップモデル「IDOL4」です。
世界初となるVR標準搭載スマホはVRゴーグルが付属されていますので、すぐにバーチャルリアリティを体験することができます。
その付属されているゴーグルの下部には左右に2つの静電タッチ式ボタンが装備されていますので、ゴーグルを装着していて手元が見えない場合でも簡単に操作することができますね。
ディスプレイサイズは5.2型でフルHD液晶を搭載していますので大画面でバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。
ボディサイズは幅72.5ミリ、高さ147ミリ、奥行7.1ミリで、重さは約135gになっています。
ボディカラーは2色用意されていてゴールドとメタリックシルバーです。
バッテリー容量は2610mAhで連続待ち受け時間は約520時間になっています。
カメラはメインカメラは1300万画素でサブカメラが800万画素ですので綺麗な写真や動画を撮影することができますね。
このようなスマホはバーチャルリアリティを楽しめるだけでなく、スマホとしても十分楽しむことができますので販売されたら人気がすごく出ると思います。Gear VRでウェアラブルの世界に入ってみましょう。

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Archives

Recent articles

isai Beat LGV34

auからこの冬のスマホの新機種としてホームページに早速掲載されていた、isai Beat(イサイ ビート) LGV34。発売はまだ先の11月中旬なんですが、どのような機種か興味ありますよね^^

ポイントとして3つ挙げられていたんですが、1つにはオーデォオ。海外のメーカーで最初にオーディオ機能を特長として挙げているのは珍しいな・・と思いましたね。「オーディオ・ビジュアルブランド「B&O」が創ったサウンド」とのことです。

また、2番目に挙げられていたのも音。「Quad DAC」という機能を搭載したことで、「驚くほどクリアな音を実現」したそうです。

そして3つ目にやっとカメラ機能が紹介されていました。メインカメラには「人の視野角よりも広い」135°ワイド撮影が可能となっているそうです。

こうやってみると、今回のisaiには音楽と撮影が特長となっているのかなと。ビジネスマンが使うといよりも、日常を楽しむためのスマホに仕上がっているようですね。

スマホコラムのまとめ

見に行きたい!

テレビでお寺の歴史や成り立ちなどを特集しているテレビ番組が増えましたよね、最近。今までもちょこちょことはあったとは思いますが、女性が前よりもお寺を尋ねる機会が増えたせいでしょうか。スピリチュアルスポットとして人気が上昇しているせいでしょうか。いずれにしても、私は観てしまいます^^実は、他に観たい番組がないから観てる、ということもあるんですが、今まで知らないこと、深い歴史を知ることはとても気持ちの良いことなんですよね。

また、このお寺人気にあやかろうとしているのか、各地でお寺の宝物をお寺や博物館で公開する機会も多くなった気がします。

例えば奈良の興福寺。五重塔で有名ですが、この五重塔と三重塔の1階部分を現在公開しているそうで、そこではVR映像なんていうものも観られるそうなんです。「800年前の平安時代に描かれながらほとんど消えかかっていた、千体仏などを再現することができた。」とのこと。凸版印刷の技術によって、現代によみがえったそうです。

スマホの初期化もきちんとできていないかも

スマホも買い取りをしてもらう時に自分で初期化をする人もいます。
しかし、この初期化なのですが、もしかしたらきちんとできていない可能性があります。
写真や動画が残っている可能性があるので注意をしなくてはいけません
きちんと初期化をするためには、しっかりとデータを消せるように考えなくてはいけません。
一番いい方法としては、2段階に分けて初期化をするという事です。
初期化をする前に、設定をしてデータを暗号化をするといいのです。
Android端末の場合、こういう風にして初期化をすることで、きちんとデータを初期化できるのです。
もしも、不安な場合はしっかりと専門の方にやってもらうことです。
携帯会社に相談をすればきちんとやってくれるかもしれません。
また、買い取りをしてくれる場所によっては、売る前にきちんとデータを消去してくれるような所もあります。
なので、不安な場合はそういった所を活用をするのもいいのかなと感じますね。
スマホを買い取りしてもらうのはいいのですが、他人にデータが渡ってしまうのは非常に怖いことです。
なので、そこら変はしっかりと注意ができるようになれればいいものですね。スマホ SDカードはこちら

IIJの『つながる端末保証』について

格安スマホは欲しいけど端末の保証がないから不安…という方は少なくないでしょう。そこでオススメしたいのが、先日より始まったIIJ(インターネットイニシアティブ)の「IIJmio高速モバイル/Dサービス」向けオプションサービス『つながる端末保証』です。月額500円にて、IIJmioのSIMカードとは別に購入した端末が破損や水ぬれなどで故障した場合に、修理・交換できるというサービスなんですよ。元々お安いのに、現在は最大2ヶ月間無料で利用できるそう。これは嬉しいですね。保証対象は、iOSかAndroid端末で、SIMロックフリー端末、大手キャリアが発売したもの、iPhoneなど(iOS端末は修理のみ)。サービス契約時に登録した端末(1機種のみ)が修理・交換の対象となります。修理の上限は5万円までで、交換は1回目が4千円、2回目が8千円。保証期間は、自然故障は端末の発売日から36カ月間で、破損や水ぬれはIIJmioのサービス期間中となっています。ただしこの『つながる端末保証』は、SIMカード購入時だけの限定オプション。既存のIIJmioユーザーは申し込めないし、IIJmioとセットで購入した端末にも適用できません。BIC SIMカウンターでも申し込み可能なので、興味のある方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

“ポケモンGOの偽アプリ続々 ユーザーの最も危険な行為は? “

この夏、「ポケモンGO」が社会現象を巻き起こしている裏で、偽アプリが続々登場し、日本のApp Storeで1位、2位を独占する異常事態が起こりました。どんな悪いことを企んでいる人がいるのでしょうか。ハッカーの中でも、高度な知識を善良な目的に生かす「ホワイトハッカー」集団スプラウトの取締役・高野聖玄氏に聞いてみました。「大ヒットアプリが登場すると“便乗型アプリ”も増え、気づかないうちに被害に巻き込まれることがあります。インストールする際に本来は必要ない電話帳や写真情報へのアクセス許可を求め、個人情報を抜き取る危険なアプリがあります」「インストールする際、多くの人は何も考えずに同意ボタンを押してしまうと思います。しかし、それはとても危険な行為」と指摘しています。「最近では健康情報を狙うサイバー攻撃が増えており、偽健康アプリなどもあります。盗まれた情報は、並行輸入薬の迷惑メールにも使われます。アクセスしたサイトや写真、アドレスなどを紐付け、悪用するのがトレンドです」では、どうやって被害から身を守ればいいのでしょうか。「やたらとアクセス権限の許可を求めるアプリは危険性が高いです。勝手に操作されないように、スマホのプライバシー関連の設定をチェックして、使わない機能はオフにしましょう」ということでした。被害に会わないよう十分気を付けましょう。
ウェアラブルはこちら

イヤフォンジャックのない「iPhone 7」発表、アップルが示した3つめの選択肢とは?

米Appleは9月7日(現地時間)、新しい「iPhone 7/7 Plus」を発表しました。発表イベントでIP67準拠の防水/防塵仕様や新しいカメラ、FeliCa対応など盛りだくさんの内容を笑顔で紹介していたフィル・シラー氏でしたが、唯一神妙な面持ちになったのがイヤフォンジャックの廃止を告げた時でした。「イヤフォンジャックについては非常に長い間、議論してきた。なぜ、われわれは“前進”するのか。大切なのは、さまざまなテクノロジーを搭載するスマートフォンはバッテリーが大きくなり、スペースの確保に力を注いできたということだ」(同氏)バッテリー駆動時間と引き替えにイヤフォンジャックやそれに伴うデジタル/アナログ変換回路をなくす。代わりに音声を出力するのはLightningコネクターの役割となります。シラー氏は、これまで通り3.5mmステレオミニプラグを使えるようにする短いアダプターやLightning接続の「EarPods」といった代案を示したのですが、本命は違うところにありました。それは利便性を上げたワイヤレスイヤフォン「AirPods」で、内蔵バッテリーで5時間の連続駆動、バッテリーを搭載した専用ケースに入れて充電することにより、約24時間使用できるというものです。AirPodsは159ドルで9月末に発売予定(日本では税別1万6800円で10月下旬)となっています。

“スマートフォンで美を失うかも “

スマートフォンほど、私達にとって有意義なアイテムはありません。しかしですね、みなさんはスマートフォンをしていることによってどんどん老けて行ってしまうかもしれません。

もうスマホ依存症という言葉も当たり前の言葉になって来ました。だからこそ注意をしなければならないことってあるのではないでしょうか。スマートフォンって便利かもしれませんが、美容の大敵と言われていますし。

毎晩のように寝る前にスマホ使うことを習慣してしまうと、あなたの美は間違いなく損なわれてしまうかもしれません。スマートフォンの存在によって、睡眠のリズムなんて滅茶苦茶になっているのです。

LINEで会話をしたり、TwitterやFacebook等のSNSによって当たり前に友だちを作り、コミュニケーションを取っているのかもしれませんが、LINEで会話をしたり、TwitterやFacebook等のSNSってやっぱりバーチャルなのです。

みなさんは本気で笑うことをしないで、体裁で笑っているだけなのかもしれません。

カフェから世界的企業まで

ポケモンGOが唯一スポンサー契約をしているのが日本マクドナルドだけですが、ナイアンティック社ではすでにスポンサーとして興味のある企業を募っているそうです。

ただ、スポンサー契約となるとかなりの資金が必要ですよね。大企業ならともかく、中小企業、あるいは個人のお店ではこのような契約は無理。。でも、商魂たくましい人は世界中にいるようで、あれやこれやと工夫してポケモン人気にあやかっているようです。

フランスではビデオショップにピカチュウのぬいぐるみを陳列。飛ぶように売れているそうです。イギリスのカフェではゼニガメバージョンのドリンクが1日に200杯も売れたり、ポケストップを50ヵ所も回るというタクシーもあるそうで^^

ポケモンGOの人気はもう落ち目と言う人がいたり、年内は大丈夫では?と言う人がいたりと長い人気となる予想を立てる人はいないんですが^^これだけ世界中で盛り上がっているんですから、継続的に楽しめるようなスポンサーとの契約を願いたいですね。

“ドコモスマホで自由研究 “

ドコモスマホでみなさん何を楽しんでいらっしゃるでしょうか。ドコモスマホでどうせなら、都合よく、手っ取り早い方法で、自由研究なんて考えてみてはいかがでしょうか。そんな夏休み一生懸命、自由研究に時間を費やすなんて馬鹿みたいではありませんか。

そんな自由研究なんて、一週間程度、チョチョと済ませてあとは、遊びに興じればいいのです。

こんな時、スマホカメラで、リンゴの腐り方を連続して収めてコメントを書いていくというのはどうでしょうか。果物がどのように腐っていくのかというのも、今時新しい発見です。

何か、そこには私達にとって意外な驚きがあるかもしれませんし。

とはいうものの、リンゴは、何日かかっても外見上なかなか変化がなかったりします。そして、8月31日が来ても、ショボクなるもののそれほど変化がなかったりして、結局延々と自由研究に時間を費やすということになります。

最近の果物って、なかなか腐らないというのが、今回の自由研究においての新しい発見でした。

スマホの充電トラブルを回避しよう! | Galaxy

auの電話かけ放題のプランは

auのスマホで電話をかけ放題のサービスに加入した場合には「カケホ(電話カケ放題プラン)」がおすすめです。

内容としては、24時間の日本国内の電話がかけ放題になり、月額基本使用料は「誰でも割」適用時には2,700円 、各種割引サービス適用前は4,200円となるそうです。

また、4G LTEスマホでこのサービスを利用するには、データ定額プランとセットで加入しないといけない、ということも知っておいてください。auの場合、データ定額プランは2,3,5,8,10,13GBのデータ容量の種類があり、この中から自分のデータ使用量に近いものを選ぶことになります。

ちなみに一番安い2GBで3,500円で、データくりこしができるのは5GB、5,000円のプランとなります。データくりこしとは名前そのもので、今月使いきらなかったデータ容量を次の月にもくりこせるというもの。動画を観たりゲームをたくさんする人にいは5GBくらいあっと言う間だと思いますが、それでもくりこしできるのは嬉しいですよね。

スマホのバッテリーに関する参考記事はこちら