薄手のケースならば操作が簡単

簡易防水ケースに入れたiPhoneで文字を入力したり、細かい操作をしたりするには、厚手の塩化ビニル製ケースでは簡単にできません。しかし、薄手の素材のケースなら楽に操作が可能です。素材はポリエチレンで薄いものの、ジップロックに代表される食品用ファスナー付きビニール袋よりも丈夫で、iPhone 7のホームボタンも直接操作できます。ちなみに水の中では、液晶画面もホームボタンも反応しません。入浴中に手に持ってチャットするようなときには、これらの簡易防水ケースが使いやすいでしょう。簡易防水ソフトケース大きめサイズ(ダイソー)内側のサイズ:100mm×160mm(厚さの表記なし)チャック:二重チャック備考:iPhone 7のホームボタンも操作できます。
簡易防水ソフトケース(ダイソー)内側のサイズ:68mm×130mm×8mmチャック:一重チャック備考:iPhone 7のホームボタンも操作できます。
薄手の簡易防水ケースは、今回、ダイソーでしか見つけられませんでした。「簡易防水ソフトケース大きめサイズ」は、PlusサイズのiPhoneも収納でき、チャックも二重で安心感があります。「簡易防水ソフトケース」は、iPhone 7がギリギリ入ったのですが、表記サイズでは高さが足りないことになっています。厚手のケースに入れているとチャックが閉まらないでしょう。またチャックは一重なので、閉じたとしても内側から開く可能性もあり危険です。この製品は画面の小さいiPhone SE向きの製品です。
Plusサイズ以外の、4.7インチiPhoneでも「簡易防水ソフトケース大きめサイズ」をおすすめしたいところです。

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Recent articles

価格が最大のネック

iPad Pro 12.9インチ自体が高い(Cellular版で12万円ぐらい)のに、さらにApple Pencilも買わなきゃいけないなんて、そもそもそれだけの価値が有るのか疑問に思われる方もいるでしょう。誰でもそうですが、「どうせ絵なんて書かないし」「手書きメモも必要ないし」と、思っている方がほとんどだと思います。が、ぜひ、手書き入力によるブログ更新を検討してみてください。ブログにはたいてい鍵をかけて他人には見られないようにできるし、日記アプリを使ってもいいと思います。「何かを便利にする道具」としてとらえた場合、12万円の価値が有るかというと疑問を感じます。
でも「新しい趣味」「トレーニング器具」として捉えて、12万円出せるかどうか、が買うべきかどうかの判断基準だと思います。私の場合はありがたいことに、かなり安く入手出来たので簡単に決断できたのかもしれませんが。もう1つ気になるのがバッテリーの減りでしょう。Apple PencilはBluetoothで常時接続するため、iPadのバッテリーのヘリが早くなる気がしますが、実際にはどうなんでしょう?Apple Pencilを使って日記を書いた場合、ディスプレイの明るさによってどのようにiPadのバッテリーが減少するか比較してみました。

スマートフォンのアプリはダウンロードするの?

スマートフォンと言えばやっぱりスマホアプリですよね。
スマホアプリを入れている方はたくさんいると思います。
この頃のスマホアプリはかなり便利なものがたくさん出ているので、やっぱりダウンロードをついついしてしまう方も多いでしょう。
そんなスマホアプリなのですが、やっぱりダウンロードをする数は人によって違うようです。
調査の方を見てみた所、月に1~3つダウンロードをする方多いようですよ。
意外と少ないことにびっくりしてしまいました。
若い子だったらかなりたくさんアプリをダウンロードしてそうですよね。
中にはまったくダウンロードをしないなんて方もいました。
スマートフォンを持ってスマホアプリをダウンロードしないのはちょっともったいない気もしますよね。
しかし、スマホのアプリもダウンロードをしてしまったら、ついついそのままになってしまいます。
なので、画面がアプリだらけなんて事が結構あります。
スマホアプリも取るのもいいのですが、やっぱり整理なんかもしなくてはいけないのかなと思ったりしていますよ。
スマホアプリをあまり利用しない方には、どんなアプリがあるのかをたくさん見てもらいたいものですね。

片手でも楽々扱える国産SIMフリースマホ「AQUOS mini SH-M03」

2016年夏にリリースされたシャープのSIMフリースマホです。スペックは高性能なヘキサコアCPU(6コア)に3GBの大容量なRAM、おサイフケータイまでも搭載した充実のハイスペックモデルです。本体サイズも最近のスマートフォンの中ではかなりコンパクト。男性女性問わず持ちやすいサイズに防水やワンセグまでも詰め込まれた至れり尽くせりの仕様です。AQUOS mini SH-M03は本体サイズが小さいので、手の小さい人でも片手でしっかりと操作できます。SIMフリースマホは海外メーカー製の物が多く、日本人には少し大きすぎる端末ばかりなのでこの小ささは貴重です。横幅だけではなく縦の高さも小さいので、左端の戻るボタンにも無理なく届きます。この片手で握れるサイズはポケモンGOをプレイするには丁度いいサイズで、ポケモンを捕まえるときも片手で操作できて快適にプレイできました。2,810mAhの容量とIGZOの省電力技術によってバッテリー持ちがよく、2~3時間外でプレイしてもバッテリーが7割ほど残っていました。基本性能は抑えるところをちゃんと取り入れており、国産ならではの防水・防塵やワンセグ、おサイフケータイなども対応しているところは他社にはない魅力です。

auのRED 256Gは残りわずか!

auのスマホの一覧を観ていて、そう言えば赤いiPhone 7の売れ行きはどうなんだろう・・とオンラインショップの方で確認をしてみると、128Gの方はまだ在庫あり、と書かれていて、256Gの方は残りわずかになっていました。iPhoneのしかも最新のものを買おうという人は、高いものから買っていくのでしょうね。どうせ買うんだから容量がたくさんあるヤツを、とね^^

iPhone 7 Plusの方はですね、128Gは在庫ありなんですが、256Gの方は予約受付中とありました。やっぱり、こちらも高い方から売れてるんだなぁ。ちなみにドコモのオンラインショップも覗いてみたんですが、こちらはiPhone 7 256GB、iPhone 7 Plus 256GBの両機種が在庫無しになっていました。つまり予約受付中。これはどういうことなんでしょうね?ドコモの方が数が売れているのか、それとももともとドコモの入荷がauより少ないとか?ま、どっちでも良い話しなんですが、私もそろそろiPhoneの買い替え時期なんですよね~♪

www.samsung.com/jp/contents/guide/au-new-smartphone.html

Facebookはローマ字登録に…スマホでできる情報漏えい対策

「検索サイトにログインして検索し、気になったページにアクセスした記録はすべて検索サイトの運営会社が保管しています。そのデータは企業外には持ち出されませんが、じつは広告代理店を介して、そのデータ元に広告配信する権利は売買されているんです」そう話すのは、エブリセンスジャパン代表の北田正己さんです。同社は、インターネットで集めた個人に関する情報などをたくさん持っている企業と、そのデータを欲しがっている企業間の取引所を運営しているのです。スマホやパソコンで検索サイトを利用すると、検索ワードと関連した広告がすぐさま画面に現れる頻度が、格段に増えています……。それは広告配信する権利が売買されているからだということです。明治大学ビジネス情報倫理研究所・客員研究員の守屋英一さんは、次のように警鐘を鳴らします。「便利さと引き換えに、プライバシー情報を企業に渡しているということです。なかでも危惧すべきは、検索ワードに偏った病名や病院名があるだけで、その当人か身内の誰かが、その病気であることが推測できる。また書籍の購入履歴をたどっただけで、思想信条が垣間見える。こうした情報がダダ漏れになっているということです」実際にこうしたデータ取引の現場に立ち会っている北田さんは、こう語ります。「もちろん企業もデータを売買するときには、氏名や連絡先を伏せるなどプライバシー保護をしています。ただ最新のコンピュータ検索技術をもってすると、たとえ氏名、連絡先がない個人情報でも、関連づければ、約9割の情報を一個人と特定できるといわれています。これを業界では“名寄せ”と呼ぶのですが、日本人の4,000万~5,000万人分の名寄せができているという情報もあります」

“改ざん防止SDメモリカード(Write Onceメモリカード) “

「Write Onceメモリカード」は、データの改ざん防止機能を持ち、原画像ファイルの証拠保存用に適しています。昨今、デジカメの急速な普及により、司法関係などで用いられる証拠保存用の原画像を電子データで保存したいというニーズが高まってきています。ただ電子データは容易に編集などの改ざんができるという課題がありました。そこでSDメモリカード対応のデジタルカメラを用い、記録した原画像ファイルの編集・加工及び消去が不 可能な書ききり型の記録媒体です。また、SDメモリカード対応のプリンタなどで他のSDメモリカードと同様にプリントアウトができます。表面のカードラベ ルに書き込めるスペースを設けることで撮影日などの情報を書くことも可能となっています。「Write Onceメモリカード」はデジタルカメラの急速な普及によって、司法関係などで用いられる証拠保存用の画像をデータで保存したいというニーズが高まっているものの、データは容易に編集などの改ざんができるという問題点を克服するために生まれた製品で、記録容量は1GBとなっています。市販されているSDメモリカード対応のデジタルカメラで一度保存した写真データの編集や消去、撮影日の変更、カードのフォーマットなどによる改ざんを防止する機能を搭載しており、通常のSDメモリカード同様、対応機器でデータを読み込むことが可能です。スマホに用途があるのかどれだけ活用されているのかは不明です。非常にニッチな部分を狙った製品ですが、ないよりはあったほうがいいものです。
スマホの動きをよくする、メモリとは?

スマホゲームの「スカイダンサー」はスリル満点

スマホ ゲームはドキドキ感やワクワク感などの様々な感覚を味わうことができますよね。
その中でもスリルを味わうことができるゲームがあります。
それは「スカイダンサー」というスリリングなランアクションゲームです。
このスマホゲームは下に広がる浮遊大陸に飛び降りてコインを集める内容となっており、その集めたコインでスコアを競うのですが、高い所が苦手な人は注意が必要です。
でも、慣れれば楽しくなりますので、それまでは頑張ってくださいね。
基本的な操作はジャンプと左右の移動を使うだけですので簡単だと思います。
プレイヤーは主人公となってスマホの画面を左右にタップし、浮遊大陸をかけ巡ります。
障害物を避けながら進めていきますが、大陸に降りていく時にも障害物がありますので上手く避けなければいけません。
また、3つのミッションが繰り返し発生し、そのミッションをクリアすることでプレイヤーランクが上がります。
集めたコインで操作するアバターが増やせるのも楽しいと思います。
このようなスマホのゲームは刺激が欲しい人や高い所からスリルを味わいたい人に向いているゲームだと思いますので、そうした人も含めてぜひチャレンジしてみてください。

スマートフォン動画撮影でおさえておくべきコツ

スマートフォンによる4K動画撮影は、専用のビデオカメラの操作性とは異なるため、設定やカメラワークに慣れる必要があります。屋内照明の光と太陽光では、色温度が異なっていて、人間の目は自動的に色温度を補正する機能を持っていますが、カメラを使用する場合、色温度の補正設定が必要になります。それが、ホワイトバランスということなのです。このホワイトバランスを取ることで、撮影の対象物が見た目どおりの姿でカメラに収められるのです。屋内撮影、屋外撮影問わず、通常は「オート」設定のままで構いません。この設定を変えるのは、屋外の光と屋内の光が交じり合った場所、たとえば窓際などで撮影するときだけなのです。撮影する対象物に当たっている光の種類に合わせて(蛍光灯、外光など)ホワイトバランスを設定するようにしましょう。スマートフォンの機種によってはカメラ解像度の設定ができるようになっています。高画質なフルHD(1920×1080ドット)で撮影する場合、データ量が非常に大きくなります。そのため、十分な保存容量があるかどうかを事前に確かめる必要があるでしょう。一方、制作した動画をYouTubeなどにアップロードすることを目的とした場合は、VGA(640×480ドット)の解像度でも十分です。作成する動画をどのような目的で使うかということを考慮して、解像度を決めましょう。

スマホゲームの「ラグナストライクエンジェルズ」

スマホのゲームで人気を集めているのが「ラグナストライクエンジェルズ」です。
このスマホのゲームは美少女が強大化して敵と戦ったり、3Dの臨場感溢れる恋愛シミュレーションを楽しめるゲームになっています。
また、6人の美少女が巨大化して「ラグナストライカーズ」という特務官になり、「エクティス」という戦闘型アンドロイドを率いて謎の敵とされる「フィアレム」と戦います。
可愛くてセクシーなヒロインを見ているだけでも楽しめると思います。
戦闘シーンは迫力あるシステムで激しく戦っていますので、ヒロインが攻撃するシーンは特に目が離せないと思います。
恋愛シミュレーションはヒロインたちと絆を深めることが重要となります。
デートやイベントなどで楽しい日常を過ごして絆を深めると、能力を引き出せることができて上手く進めることができます。
それに、超美麗グラフィックで魅せるドラマチックアクションRPGになっていますし、予測不能な重厚ストーリーになっていますので、ワクワク感とドキドキ感を味わいながら楽しむことができるでしょう。
このようなスマホのゲームは今まであまり見られなかったジャンルのゲームと言えますので、誰が利用しても期待に応えてくれると思います。

ハイレゾ/4K動画対応新旗艦モデル「HTC 10は“10点満点”のスマホ」

HTC NIPPONは、国内で始めてハイレゾ対応イヤホンを付属させ、ハイレゾ音声での4K動画撮影にも対応するフラグシップAndroidスマートフォン「HTC 10」の説明会を開催し、そこで同社代表取締役社長の玉野浩氏が製品の特徴や開発の狙いを紹介しました。「HTC 10」は、最大192kHz/24bitのWAVおよびFLACファイルが再生可能なスマートフォン。auの2016年夏モデルとして「HTV32」の型番でKDDIから発売されます。なお、本体単体でのDSD再生には非対応となっていますが、USB-C端子からデジタル出力が可能なため、ポータプルヘッドホンアンプなどと接続してDSD音源を楽しむことができます。カメラ機能はメインカメラが約1,200万画素で、サブカメラが約500万画素で、世界で初めて、アウトカメラとインカメラの両方で光学式手ブレ補正を利用できるようにしたほか、メインカメラは約0.6秒での高速起動もでき、RAW撮影にも対応しています。本体内蔵スピーカー「HTC BoomSound Hi-Fiスピーカー」は、トゥイーターとウーファーを搭載する2ウェイ構成となっています。縦に持った際の上側(耳側)をトゥイーター、下側(口元側)をウーファーとして利用し、それぞれを新開発の専用アンプで制御するようになっています。4K動画撮影が可能なことに加え、動画撮影時の音声をハイレゾで収録することにも新たに対応していて、192kHz/24bit音声で4K動画を記録も可能となっています。
ハイスペックなGalaxy S6 edgeの魅力を紹介!