ハイスペック、ハイパフォーマンスの「Apple iPhone XR」

“ハイパフォーマンスで売れているハイスペックスマートフォンを探している人には、Apple iPhone XRがオススメです。
Apple iPhone XRは、AppleのiPhoneシリーズの中でも最新機種に該当するのですが、魅力はこれだけではありません。Apple iPhone XRは、アメリカで2018年10月に販売されたiPhoneシリーズで、Apple iPhone XSと比較されることがよくあるモデルとして有名です。というのも、iPhoneシリーズの中でも安く7万円台からで購入できるモデルとなっているからです。
ハイエンドモデルのハイスペックスマートフォンを探してみるとわかりますが、ほとんどは10万円台のものばかりです。今までのハイスペックスマートフォンは、このような価値観があった・・・のですが、Apple iPhone XRが販売されるようになってからは、価格競争が激化するようになりました。
Apple iPhone XRの詳細情報としては、ディスプレイは「6.1インチの大画面ディスプレイ、iPhone XSと比較した場合では大きくなっている」のが特徴です。今では、ワイドスクリーンタイプのハイスペックスマートフォンが増えてきているため、動画視聴・ゲームなどで少しでも迫力が欲しい人であれば、Apple iPhone XRとの相性は最高かもしれません。
ただし、今までのiPhoneシリーズと比較した場合では、「ベゼルがiPhone XSより劣る」という印象なので注意してください。Apple iPhone XRは、縁に黒い筋が見えるモデルとなっています。
その他の情報では、「解像度が1,792×828ピクセル、液晶ディスプレイ採用」となっているモデルです。こちらについてもApple iPhone XRは、iPhone XSの有機ディスプレイより見劣りします。ただし、実際に使用されているスマートフォンユーザーからは、比較しないと気づかないレベルと評価されているので、そこまで大きな差ではないとも言えるのです。
Apple iPhone XRのバッテリー性能ですが、「2,942mAhのバッテリーを搭載」となっています。これはiPhone XS Maxより劣るのですが、ハイスペックスマートフォンの中では大容量に分類できるでしょう。今では5,000mAhのバッテリーまで登場していますが、Apple iPhone XRは高速充電を可能としているので比較しても意味がありません。Apple iPhone XRは小ぶりなのですが、その分だけ「ワイヤレス充電、高速充電に対応」となっているモデルなのです。
また、カメラ性能についてこだわりがある人は、「Apple iPhone XSを選んだほうが賢明」でしょう。というのも、Apple iPhone XRのポートレート機能は使用者のみでしか利用できないからです。つまりApple iPhone XRは、Apple iPhone XSのような物体、風景画に使用できない問題を抱えているハイスペックスマートフォンとなります。”

— Read the article in full

Recent articles

格安スマホは大丈夫?格安スマホのセキュリティ

“まず格安スマホのセキュリティからとなりますが、今では二段階認証に対応しているスマートフォンが増えているため、それほどセキュリティに不満を覚えるポイントは減っています。
ですが、格安スマホユーザーのいくらかはセキュリティ対策に不安があるため、格安スマホを利用し続けるのは危険では・・・と、このように考えている人がいるのも事実です。セキュリティについてですが、大手キャリアのものと格安スマホでは目立った差がないのは事実なので、今回は、具体的にどのような対応を取れば格安スマホのセキュリティが良くなるのか、そのあたりを掘り下げていこうと思います。
まず知っておかないといけないことは、格安スマホは大手キャリアのようなサポートを行っていません。そのため、慢性的にサポートに対しては不満が起きるかもしれませんが、どうしてもこちらに納得がいかない場合は、大手キャリアのスマートフォンを持つしかありません。これはセキュリティ上のサポートでも同じなので注意してください。
次に、格安スマホは店舗数そのものも少ないので、スマートフォンを紛失してしまった時の対応は遅れてしまいます。そのため、いざという時の対応は窓口対応のほうが良い・・・という場合も、格安スマホより大手キャリアのスマートフォンを選んだほうが賢明でしょう。
逆に、「セキュリティを高めることは格安スマホでも可能」なので、以下のことをしっかり対応するようにしましょう。まず、セキュリティアプリは無料のものであってもインストールするようにします。無料セキュリティアプリであっても、途中から有料に変えられるようになっているため、有料セキュリティアプリにより近い設定でセキュリティアプリを利用できます。
そして、「OSは常に最新にしておく」ようにしましょう。OSのアップデートは脆弱性と呼ばれるセキュリティ上の問題を、解決するためにアップデートを呼びかけています。脆弱性を放置されていると悪意ある第三者の手によって、スマートフォンの情報を盗まれてしまうこともあるので注意してください。
最近では、個人情報漏洩が大きな問題にもなってきています。無料セキュリティアプリは、何気ないサイトへのアクセスもチェックしてくれるため、「このサイトは安全かな・・・」と思った際に役立ってくれるのです。
ただし注意点として、複数のセキュリティアプリをインストールすることには意味がありません。1つだけで機能するので、有名なものをインストールするようにしましょう。複数の場合は、かえって動作が遅いなどのトラブルが発生しますし、なによりウイルス対策が取れているのか不安になることが多いです。”

海外版と日本版の違い!

“海外版のGalaxy A51 5Gは、2020年4月に発表され8月に発売されています。日本版のGalaxy A51 5Gは、ドコモとauから発売予定となっておりまだ発売日に関してはどちらも未定です。ただし11月中旬に発売されるという情報が出ているので、恐らく近々発売日も発表されるはずです。
ただ11月まで待てないという方もいらっしゃるかもしれません。そういう方は、既に8月に発売されているGalaxy A51 5Gの海外版を手にして試している方もいます。ただし、グローバル版を購入する時は海外の輸入サイトから購入する必要があるため、英語でのやり取りが必須となります。具体的には住所や名前など英語で入力しなければなりませんし、配送方法も英語で書いてあるので理解して注文しなければなりません。ただ普段から英語の表記には慣れている、という方であれば特に問題はないでしょう。
ただし、ここで注意しておかなければならないことがあります。それは「海外版(グローバル版)」のGalaxy A51 5Gと「日本版」Galaxy A51 5Gは、若干スペックや機能に違いがあるという点です。
特にCPUに注目して見ていきましょう。グローバル版では、CPUにSamsung製のExynos 980を搭載しているのに対し、日本版のGalaxy A51 5Gはsnapdragon765Gを搭載しています。どちらもスペックにおいて大きな差はありませんが、搭載されているチップセットが異なるという点は注意しておきましょう。スマホを選ぶ時はやっぱりCPUにどんなチップセットを使っているか気になる、という方も多いからです。早く購入したくてグローバル版を購入したら、日本版のスマートフォンと性能が違ったなんてことにならないようにしっかり確認しておきましょう。
また違いは、CPUだけではありません。日本版のGalaxy A51 5Gは、おサイフケータイに対応していますがグローバル版は非対応になっている点です。日本でもキャッシュレスを導入するようになり、おサイフケータイを使う方が増えています。普段から支払いは全てスマホで済ませている、という方はこの機能が付いているかどうか、というのは大きなポイントになるのではないでしょうか。普段はコード決済が多くおサイフケータイはあまり使わない、という方であれば問題ないのですが電車に乗る時など、おサイフケータイでの決済をしているという方はこちらも合わせて確認しておきましょう。
その他のディスプレイの大きさや、バッテリー容量などは海外版も日本版も変わりないので気にしなくても大丈夫ですが、細かなところで若干の違いはあるようです。もし、どうしても気になる方は公式HPなどで実際のスペックをしっかり確認しておくこと、早く手にしたいと思って購入してから思っていた機能が搭載されていなかった、ということにならないように注意しましょう。
また型番もau版かドコモ版なのか、それぞれ異なるのでしっかり見ておくことが大切です。これからGalaxy A51 5Gを検討されている皆さんは、是非今回ご紹介したポイントをよく見て選んでみてください。”Galaxy A51公式サイトはこちら

今も売れ続けているスマートフォンは?

“スマートフォンの中には、シリーズものとして評価が安定しているモデルもあります。
例えばApple iPhone 8は、2017年9月22日発売の「iPhoneシリーズ」なのですが、コンパクトで使いやすい、同価格帯のスマートフォンと比較して性能が優っているため、あえてApple iPhone 8を選ぶ人が大勢います。
同価格帯のAndroid端末と比べて、iPhoneシリーズは「CPUがパワフル」です。Apple iPhone 8の特徴でもあるのですが、「CPUがA11 Bionic、防水・防塵あり、ワイヤレス充電に対応」となっていてデザインも評価されています。最新スマートフォンにも搭載されている機能が充実しているので、安くて高性能、デザインや使いやすさが無難なスマートフォンを探している人であれば、Apple iPhone 8を購入したほうが良いかもしれません。
また、今ではiPhoneシリーズの人気が加熱しているので、iPhone 8よりも古いモデルについても再評価されるようになりました。その影響で売れ続けているスマートフォンが、Apple iPhone 7です。
Apple iPhone 7は、2016年9月25日発売の「iPhoneシリーズ」です。かなり古いモデルなのですが、Apple iPhone 7は「コンパクトなディスプレイ(4.7インチ)が人気」となり、コンパクトなスマートフォン人気を生み出すことに成功しました。
また、コンパクトなスマートフォンは性能が低いと言われていましたが、Apple iPhone 7は、「1200万画素で手ブレ補正機能あり、Apple Payに対応、シリーズ初となる防水・防塵機能あり」のスマートフォンなのです。今では搭載されていて当然の機能ばかりですが、当時は斬新な機能を多く持つスマートフォンとして注目されました。
そして、現在も売れ続けているモデルの中には、Google Pixel 3aがあります。Google Pixel 3aは、2019年5月17日にGoogleから発売された「Pixelシリーズ」の1種です。
Google Pixel 3aは、「Pixel 3の廉価版」に相当するモデルなのですが、廉価版とは思わないほどの高性能を秘めていたため、またたく間に人気急上昇となったモデルとして有名です。Google Pixel 3aの特徴は、「CPUがSnapdragon670、RAMは4GB、高性能カメラを搭載」しているところでしょう。
一般的なミドルレンジモデルでは、RAMは3GBもあれば良いほうなので、いかにGoogle Pixel 3aが優れているか良くわかります。RAMは、動画視聴、アプリゲームなどをまとめて機能させる際に役立つため、スマートフォンを使用している時間が長い、マルチタスクで使用することが多い人にとって重要なパーツです。
しかもGoogle Pixel 3aは、「防水・防塵に対応、おサイフケータイあり、3年間アップデート保証」と、その他の機能も充実しています。”参照

「Galaxy A30」と日本製モデルを比較

“今では、安くて高性能なスマートフォンが増えてきました。
そのため、日本製スマートフォンからGalaxy A30のような、海外製スマートフォンに切り替える人が増えているのです。Galaxy A30は、日本製スマートフォンと比べて「全画面ディスプレイ」という強みがあります。
最近になって、日本製スマートフォンでも同様の対応を行うようになってきたのですが、Galaxy A30の全画面ディスプレイは、動画などの閲覧をする際に最適なサイズで楽しめるようになっています。Galaxy A30に用いられている画面は、「infinity-U Display」と呼ばれるディスプレイです。
こちらは、ベセルレスで全面フルガラス設計となっているため、Galaxy A30は軽量化に成功している、数少ないスマートフォンとしても有名なのです。どんな構造になっているのかというと、Galaxy A30の画面は、四隅のカーブ、カメラの穴を除いた部分がディスプレイとなっておりますので、従来のスマートフォンに比べて操作が格段に楽になりました。
しかもGalaxy A30のディスプレイサイズは、「6.4インチ、2340x1080HD+」まで対応しており、ディスプレイには「有機ELディスプレイ」採用となっておりますので、安いスマートフォンに対して高画質を求めている人の場合、中々Galaxyシリーズより良いものは見つかりません。
Galaxy A30は日本製スマートフォンと比べて、「カメラ性能でも優っている」ことで知られています。Galaxy A30のカメラ性能は、「メインカメラが1300万画素」となっているので、Galaxy A30で写真撮影を行うと、景色をそのまま切り取ったかのような写真撮影を行えるのです。
格安スマホなど、Galaxyシリーズ以外のスマートフォンでは、カメラ性能に力を入れていないことが多いので、画質、カメラ性能にこだわりがある人も、Galaxy A30を選ばれると良いでしょう。しかもGalaxy A30は、「123度超広角レンズのデュアルカメラ」となっているので、人間の視野と同じような範囲での撮影も可能となっています。
そして、Galaxy A30は処理性能もあなどれないスペックとなっているのです。というのも、Galaxy A30は「CPUがCortex-A73、A53、SOCはSamsung Exynos7904」搭載となっています。
こちらのなにが凄いのか・・・というと、それは、ミドルレンジモデルの中ではトップクラスのスペックになっていることです。これだけ日本製スマートフォンと比べて優っているところが多いのですが、現状では、Samsung Galaxyシリーズの価格は変動していません。
なので、スマートフォンを幅広い用途で使用する予定の方にも、Galaxy A30をオススメすることができます。Galaxy A30にはおサイフケータイなど、日本製スマートフォンにも見られる機能が備わっているので、キャッシュレス決済に対応しているところも魅力の1つです。”

話題の電話かけ放題プラン

“今では、連絡用アプリを通じてコミュニケーションを取っている人が多いです。
ですが、そんなアプリが存在する現代でも、「電話かけ放題プラン」に申し込む人はあまり減っていません。その理由は、アプリによるコミュニケーションよりも、電話連絡のほうが良いという人が多くいるからです。
例えば、中高年の方がスマートフォンを購入した際、抵抗を感じるのがアプリインストールです。しかし電話かけ放題プランは、電話機能をそのまま利用するだけで電話できるため、ガラケーからスマホへ移行されている人ほど、そのまま電話かけ放題プランを継続する傾向にあります。
電話かけ放題プランは、「UQモバイル、楽天モバイル」などで用意されているプランです。しかも、5分以内のかけ放題、5分以上のかけ放題が用意されているため、自分に合ったプランをチョイスしやすいという特徴があります。
注意点として、長時間の電話かけ放題プランはオプション料金が高いので、こちらには注意したほうが良いです。”

リバースチャージ搭載の「ASUS Zenfone Max Pro M1」

“型落ちスマートフォン、格安スマホに分類されるもので、且つ、リバースチャージ搭載のスマートフォンを探している場合は、ASUS Zenfone Max Pro M1を選ばれると良いでしょう。
というのも、ASUS Zenfone Max Pro M1は、「5000mAh大容量バッテリー」が搭載されているからです。一般的なスマートフォンの場合、最新モデルであっても4000mAhを超えるものは少なく、格安スマホに分類されるものでは、ASUS Zenfone Max Pro M1並みの性能は無いと思ったほうが良いでしょう。
しかもASUS Zenfone Max Pro M1は、「リバースチャージ」に対応しているため、他の機器であっても、ASUS Zenfone Max Pro M1を介しての充電が可能となっています。ただし、ASUS Zenfone Max Pro M1のリバースチャージは、ケーブルを使用しなければなりません。”https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/compare/

ゲーミングスマホの選び方

“今では、老若男女問わずでゲーミングスマホが人気となっています。
ですが、ハイスペックスマホとして販売されているものは、必ずしもゲーミングスマホというわけではありません。ゲーミングスマホの定義となるのは、特定のアプリゲームを想定して開発されているか、そして、「最新のCPUを搭載している」かとなります。
例えば、クアルコム社の「Snapdragon」を搭載している、ゲーミングスマホは多いです。ここで良いCPUを見分ける方法は、「Snapdragon」に続く数字を確認して、高い数字になっているかを確認しましょう。
ほぼすべてのスマートフォンに言えることなのですが、新しいものほど数字が上がる仕組みになっています。そのため、格安スマホと呼ばれるスマートフォンでは、搭載されているCPUがSnapdragon400番台であることが多いです。
また、性能が不安な人はレビューサイトで、性能の評価を確認するのも良いでしょう。”

「ASUS ZenFone Max M2」のスペック

“型落ちスマートフォンとしても人気のASUS ZenFone Max M2ですが、スペックは以下のとおりで、最新のスマートフォン並みのスペックがあります。
ASUS ZenFone Max M2は、「画面サイズ6.3インチ、重さは約160g」となっておりますので、話題のワイドボディで軽量のスマートフォンとなっています。型落ちスマートフォンとしても人気の理由は、ASUS ZenFone Max M2は音質も良好だからです。
ASUS ZenFone Max M2は、中低音域まで聴き取ることができるスペックがあり、しかも、他のスマートフォンよりもバッテリー容量が高いのです。長時間音楽を聴いていたい・・・、このような要望を持つ人であれば、ASUS ZenFone Max M2との相性は最高と言えるでしょう。
その他では、「背面カメラの画素数は1300万画素、前面カメラの画素数は800万画素」となっておりますので、ASUS ZenFone Max M2は、カメラ機能が他のスマートフォンより劣る面もあります。”

「iPhone XS」はポートレート撮影のレベルが高い

“他の追随を許さない性能を持つものとして、良くランキングサイトでも見かけるスマートフォンは、iPhone XSのようなスマートフォンばかりです。
最近では、Galaxyシリーズ、HUAWEI製スマートフォンといった、ハイエンドモデルを多く販売しているスマートフォンメーカーのものが、ランキングサイトでも良くピックアップされています。しかしiPhone XSは、カメラ性能そのものが優れているスマートフォンとして、新しい写真撮影を可能にしていることでも有名なのです。
具体的には、iPhone XSのポートレートモードが注目されています。ポートレートモードとは、背景をぼかすことによって、一眼レフで撮ったような味のある写真撮影が可能になるモードのことです。
そのためiPhone XSは、自然そのものを切り取ったかのような写真撮影が可能となっています。なによりiPhone XSは、高性能なのですが機能を学習するのは楽なので、今のような人気になっているのです。”

アップルの人気スマホシリーズ「Apple iPhone XR MT002J」

“Apple iPhone XR MT002Jは、アップルの人気スマホシリーズとなっているのですが、他にも以下のような特徴のあるスマートフォンです。
Apple iPhone XR MT002Jは、「IP67の防水・防塵性能が採用されている」ため、風雨を気にせず利用できるようになっています。Apple iPhone XR MT002Jのディスプレイは、「Liquid Retina HDディスプレイが採用されている」ので、高画質な映像を出力できるスマートフォンを探している人は、Apple iPhone XR MT002Jと相性が良いかもしれません。
しかもApple iPhone XR MT002Jは、ディスプレイが「高強度フロントガラス」となっていて、こちらは、航空宇宙産業で使われている材質と同じものが使用されているのです。同クラスのグレードで、且つ「アルミニウム製フレームを採用している」のは、他のスマートフォンでは見られない特徴です。”