ウェアラブルカメラの「パナソニック HX-A1H」

ウェアラブルは小型で扱いやすいので多くの人に使用され始めています。
そのウェアラブルの中でもカメラに人気が集まっていて、特に「パナソニック」の「HX-A1H」というウェアラブルカメラが人気になっています。
このウェアラブルはボディサイズが幅約26ミリ、高さ約26ミリ、奥行約83ミリ、重さ約45gになっていますので、身につけていても気にならないサイズと言えますね。
静止画の有効画素数は約266万画素で動画時は約287万画素ですので美しく撮影することができるでしょう。
また、防水タフ設計ですので水中や雪の中でも安心して使用することができますし、暗闇撮影可能な赤外線撮影機能が搭載されていますので様々なシーンで活躍してくれると思います。
カラーバリエーションはブラックとオレンジの2色が用意されています。
内蔵バッテリーは480mAhが搭載されていますので連続撮影時間は約75分になります。
それと、MicroSDカードやWi-Fiに対応していますので便利だと思います。
付属品はガラスカバーや端子カバー、ヘッドマウントや接続ケーブル、それにゴムバンドやゴムパッキンなどがあります。
このようなウェアラブルカメラを使用して、良い思い出をたくさん残しておくのも良いのではないでしょうか。

— Read the article in full

Subscribe to RSS Feed

Categories

Recent articles

新機種のスマホのiPhone 7はまだまだ人気

新しくスマホ新機種として注目を集めたiPhone 7なのですが、進化も色々としているようですね。
なんと言ってもやっぱりiPhone 7は、防水機能が付いた事に注目されました。
iPhoneが防水になればなんて願いを持っていただけに、本当にこれは嬉しかったです。
でも、iPhone 7は防水機能が付いただけではありませんでした。
それは、iPhone 7のカメラ機能ですね。
iPhone 7のカメラ機能がかなり進化をしている事となりました。
iPhoneと言えば古い機種でもやっぱり画質が良いものとなっていますよね。
他社に比べたりると、やっぱり画質が綺麗だと感じてしまいます。
しかし、iPhone 7はそれ以上に画質が良くなっているのですから、本当にカメラが不要になるだろうなと言った感じですね。
防水機能はもちろんすごい所なのですが、iPhone 7の画質にもしっかりと注目をしてもらいたいです!
今でも、iPhone 7はかなり人気を集めていて、ブラックなんかではお店によっては品切れなんていう所もあるそうですよ。
もうこれ以上進化をする良いスマホなんてあるのかなと思ってしまいます。

スマホで固定電話番号を使えるニフティの「ShaMo!」、12都道府県で使えるように

ニフティ株式会社は11月15日、、スマートフォンで固定電話番号が使える法人向け通話サービス「ShaMo! by NIFTY BIZ」において、料金改定を行うと発表しました。月額基本料金無料で利用できる人数を従来の5名以下から10名以下に拡大したものです。あわせて、月額ライセンス料金を、利用人数にかかわらず1名あたり900円(税別、以下すべて同じ)とし、変更後の料金は、12月1日から課金される月額料金が対象になるとのことです。「ShaMo! by NIFTY BIZ」は、スマートフォン(Android/iOS)向けの専用アプリを利用していて、代表電話番号と内線通話可能な直通電話番号を安価に提供するサービスです。固定回線の契約や開通工事、ゲートウェイ機器やPBX(電話交換機)の設置、社給スマートフォンの手配が不要で、小規模企業や個人事業主でも容易に固定電話番号や内線システムを導入できる点が特徴ということです。料金は基本料金、ライセンス料金、通話料金から構成されていて、現在の料金体系では、基本料金は5名以下が無料、6名以上の場合は1社につき月額1500円に設定されています。今回はこれを、10名以下まで無料に変更したもので、11名以上の場合は、従来通り月額1500円が必要となります。また1名あたりのライセンス料金は、5人までが月額900円、6人以降は月額1800円に設定されていたのですが、これを一律1名あたり月額900円に改定しました。

手書きの予定、スマホでカンタン管理―「スマレコダイアリー」に新版

手で紙に書き込んだメモやスケジュールを、スマートフォンで簡単に管理できる、便利なダイアリー「スマレコダイアリー」。その2017年版が発売されています。ボールペンなどでさらさらと予定を書いたあと、専用アプリケーションを入れたiPhoneやAndroidスマートフォンで撮影すればよいですし、取り込んだ内容はすぐアプリ上のスケジュール表へ反映することが可能です。iPhoneのカレンダーやGoogleカレンダーとも同期できるようになっています。Smareco Diaryは、スケジュールを書き込む「カレンダーページ」とメモなどを書き込む「ノートページ」で構成されていて、専用アプリを立ち上げカレンダーのページを撮影すると、年月を自動認識し、適切な年月順で保存します。撮影したカレンダーの任意の日付にアプリ上でメモを記入したり、ノートページを撮影してカレンダーの日付にリンクできるので、普段は使い慣れた手書きのダイアリーとして使いながら、検索や追記に便利なデジタルの利便性を手軽に活用できるでしょう。使用した専用ダイアリーを丸ごとアプリ内に保存できるので、今後の年間スケジュール管理は過去から未来までスマートフォン一台でできます。撮影したノートページのデータはスマートフォンで保存・管理するだけでなく、メールで送信したり、Evernoteにアップロードできるのも特徴と言ってもいでしょう。
おすすめのドコモスマホ、あなたに合うのはどれ?

ドコモのおすすめスマホ「Xperia Z5 Premium SO-03H」は4Kディスプレイ搭載

ドコモのおすすめスマホの「Xperia Z5 Premium SO-03H」は、4Kディスプレイを搭載している人気スマートフォンです。
約5.5インチの4Kディスプレイは史上最高画質を実現させた優れものと言えます。
また、ソニーのブラビアで培った映像技術が結集されていますので、高精細、高コントラスト、高色域の3つの要素に優れています。
それに、高視野角なディスプレイは視認性が高くなっていますので、斜めから見ても精細さを欠くことがありません。
さらに4Kアップコンバート機能を搭載していますので、どのような映像もアップスケーリングされて美しい映像になっています。
それと、背面パネルには光沢仕上げのガラスが採用されていますので、美しくてプレミアなデザインを実現させています。
ですので、持っているだけでワクワクするかもしれませんね。
ボディのサイドに付いている電源ボタンには指紋センサーが付いていますので、電源を入れるだけで解除することができて便利です。
カメラは最先端のデジタルカメラに匹敵する性能となっています。
約2300万画素のメインカメラには最新のセンサーが搭載されていますし、進化した画像処理エンジンによって5倍ズームでも綺麗に撮ることができます。
こうしたドコモのおすすめスマホを使用するのも良いと思います。

スマホケースデザインが豊富になりましたスマホデザインスマホケースの「phocase」が発売となりました。 Xperia XZとXperia X Compact対応のスマホケースになっています。 こちらはスマホケースでも注目をしたいブランドでもあります。 なかなかアンドロイドのスマホケースも種類が少ないので、こうったブランドは貴重だったりしますね。 この「phocase」なのですが、なんとデザインの数が1300以上のものがあるのです。 また、ハードケースと手帳型のデザインものあるので自分好みのものをゲットする事ができます。 今まで、納得のできるスマホケースを見つけれていない方にとってはいいチャンスかもしれませんよ。 また、面白のがスマホケースのデザインなのですが、こちら可愛いものもあれば、シンプルなものがあり、自分好みのものを見つけやすくなっています。 これはかなり人気になりそうなので予約は早めにがいいですよ。 予約をされた順番から、生産から発送にになるそうです。 スマホが新しいものを登場したら、やっぱりスマホケースは大事になってきますよね。 きちんとスマホを守り、可愛く使用をするためにも、いいスマホケースを発見しておくといいものです。

スマホデザインスマホケースの「phocase」が発売となりました。
Xperia XZとXperia X Compact対応のスマホケースになっています。
こちらはスマホケースでも注目をしたいブランドでもあります。
なかなかアンドロイドのスマホケースも種類が少ないので、こうったブランドは貴重だったりしますね。
この「phocase」なのですが、なんとデザインの数が1300以上のものがあるのです。
また、ハードケースと手帳型のデザインものあるので自分好みのものをゲットする事ができます。
今まで、納得のできるスマホケースを見つけれていない方にとってはいいチャンスかもしれませんよ。
また、面白のがスマホケースのデザインなのですが、こちら可愛いものもあれば、シンプルなものがあり、自分好みのものを見つけやすくなっています。
これはかなり人気になりそうなので予約は早めにがいいですよ。
予約をされた順番から、生産から発送にになるそうです。
スマホが新しいものを登場したら、やっぱりスマホケースは大事になってきますよね。
きちんとスマホを守り、可愛く使用をするためにも、いいスマホケースを発見しておくといいものです。

まだ手に入れられず・・

ポケモンGOの公式Twitterで最初に知ったんですが、今月の23日からでしたっけ?「ウィロー博士がとうとうメタモンを発見しました。」とブログにありました。何??メタモンって。。

にわかポケモンファンであるため、実はポケモンのことは何も知らないんですよ。ピカチュウくらいしか知らなかった私は、出現して捕まえるポケモンからその名前を覚えてきているので、いきなりとうとうメタモンを発見!なんて言われてもなんのことやら^^

でも、世界中で出現の報告があるようですね。日本では、23日、このことをまだ知らなかった人は本当の話しなんです、ポッポを捕まえたらそれがメタモンに変化していました。本当なんです。みたいな^^狐につままれたような心境がよくわかるツイートをしていました。

いつもはコラッタやコンパンなどは捕まえないのですが、これらにメタモンが変身していることが多い、という情報だったので、今は地図上に出現したポケモンはすべて^^捕獲するようにはしています。

でも、まだ手に入れられていないんですよね~。早く実物を見たい!

VRを標準搭載したスマホが販売される

最新スマホの一つにVRが標準搭載されたスマホが販売されることになりました。
このスマホはTCLコミュニケーションのAlcatelブランドのSIMフリースマホであるフラッグシップモデル「IDOL4」です。
世界初となるVR標準搭載スマホはVRゴーグルが付属されていますので、すぐにバーチャルリアリティを体験することができます。
その付属されているゴーグルの下部には左右に2つの静電タッチ式ボタンが装備されていますので、ゴーグルを装着していて手元が見えない場合でも簡単に操作することができますね。
ディスプレイサイズは5.2型でフルHD液晶を搭載していますので大画面でバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。
ボディサイズは幅72.5ミリ、高さ147ミリ、奥行7.1ミリで、重さは約135gになっています。
ボディカラーは2色用意されていてゴールドとメタリックシルバーです。
バッテリー容量は2610mAhで連続待ち受け時間は約520時間になっています。
カメラはメインカメラは1300万画素でサブカメラが800万画素ですので綺麗な写真や動画を撮影することができますね。
このようなスマホはバーチャルリアリティを楽しめるだけでなく、スマホとしても十分楽しむことができますので販売されたら人気がすごく出ると思います。Gear VRでウェアラブルの世界に入ってみましょう。

isai Beat LGV34

auからこの冬のスマホの新機種としてホームページに早速掲載されていた、isai Beat(イサイ ビート) LGV34。発売はまだ先の11月中旬なんですが、どのような機種か興味ありますよね^^

ポイントとして3つ挙げられていたんですが、1つにはオーデォオ。海外のメーカーで最初にオーディオ機能を特長として挙げているのは珍しいな・・と思いましたね。「オーディオ・ビジュアルブランド「B&O」が創ったサウンド」とのことです。

また、2番目に挙げられていたのも音。「Quad DAC」という機能を搭載したことで、「驚くほどクリアな音を実現」したそうです。

そして3つ目にやっとカメラ機能が紹介されていました。メインカメラには「人の視野角よりも広い」135°ワイド撮影が可能となっているそうです。

こうやってみると、今回のisaiには音楽と撮影が特長となっているのかなと。ビジネスマンが使うといよりも、日常を楽しむためのスマホに仕上がっているようですね。

スマホコラムのまとめ

見に行きたい!

テレビでお寺の歴史や成り立ちなどを特集しているテレビ番組が増えましたよね、最近。今までもちょこちょことはあったとは思いますが、女性が前よりもお寺を尋ねる機会が増えたせいでしょうか。スピリチュアルスポットとして人気が上昇しているせいでしょうか。いずれにしても、私は観てしまいます^^実は、他に観たい番組がないから観てる、ということもあるんですが、今まで知らないこと、深い歴史を知ることはとても気持ちの良いことなんですよね。

また、このお寺人気にあやかろうとしているのか、各地でお寺の宝物をお寺や博物館で公開する機会も多くなった気がします。

例えば奈良の興福寺。五重塔で有名ですが、この五重塔と三重塔の1階部分を現在公開しているそうで、そこではVR映像なんていうものも観られるそうなんです。「800年前の平安時代に描かれながらほとんど消えかかっていた、千体仏などを再現することができた。」とのこと。凸版印刷の技術によって、現代によみがえったそうです。

スマホの初期化もきちんとできていないかも

スマホも買い取りをしてもらう時に自分で初期化をする人もいます。
しかし、この初期化なのですが、もしかしたらきちんとできていない可能性があります。
写真や動画が残っている可能性があるので注意をしなくてはいけません
きちんと初期化をするためには、しっかりとデータを消せるように考えなくてはいけません。
一番いい方法としては、2段階に分けて初期化をするという事です。
初期化をする前に、設定をしてデータを暗号化をするといいのです。
Android端末の場合、こういう風にして初期化をすることで、きちんとデータを初期化できるのです。
もしも、不安な場合はしっかりと専門の方にやってもらうことです。
携帯会社に相談をすればきちんとやってくれるかもしれません。
また、買い取りをしてくれる場所によっては、売る前にきちんとデータを消去してくれるような所もあります。
なので、不安な場合はそういった所を活用をするのもいいのかなと感じますね。
スマホを買い取りしてもらうのはいいのですが、他人にデータが渡ってしまうのは非常に怖いことです。
なので、そこら変はしっかりと注意ができるようになれればいいものですね。スマホ SDカードはこちら